スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたちなか海浜鉄道 中根駅

中根(1931-)
ひたちなか海浜鉄道湊線#04中根
駅名標


1017  中根(ひたちなか海浜鉄道)
駅舎


NEC_0024.jpg


NEC_0025.jpg


NEC_0026.jpg

あの日から一年です。黙祷を


茨城県ひたちなか市柳沢
地上駅・1面1線
スポンサーサイト

ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅

那珂湊(1913-)
ひたちなか海浜鉄道湊線#05那珂湊(1)
ピクトリアルに記事が載っていたので、今回は那珂湊駅。
イラスト文字の駅名標


ひたちなか海浜鉄道湊線#05那珂湊(2)
古い駅名標


ひたちなか海浜鉄道湊線#05那珂湊(3)
古い駅名標ふたつめ


ひたちなか海浜鉄道湊線#05那珂湊(4)
ホームの鉄骨部分にあった駅名標。


1018  那珂湊(ひたちなか海浜鉄道)
ひたちなか海浜鉄道の要となる駅。
お土産も買わせていただきました。


茨城県ひたちなか市釈迦町
地上駅・2面3線

ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦駅

阿字ヶ浦(1928-)
ひたちなか海浜鉄道湊線#09阿字ヶ浦
地元の学生が作ったという駅名標。海を意識したデザインです。


1019  阿字ヶ浦(ひたちなか海浜鉄道)
普段は無人駅ですが、海水浴場があるので夏のみ駅員が派遣されるようです。


茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦
地上駅・1面2線

訪問記 「鉄子の旅」ひたちなか海浜鉄道ツアー

「鉄子の旅」の企画・ひたちなか海浜鉄道ツアーに参加しました。
このツアーは後々漫画になりますので、細かい部分はそちらにおまかせします。


東京駅集合→(バス移動)→日工前

NEC_0011_20111018011555.jpg
日工前駅。看板の両脇は横見さんと村井さん


NEC_0012_20111018011555.jpg
湊線の駅名標は、最近アート風のものに変わった、とのこと。


日工前→勝田→中根


NEC_0017.jpg
勝田駅


1017  中根(ひたちなか海浜鉄道)

中根駅


NEC_0023.jpg
一見秘境駅に見えるが少し歩くと幹線道路が走っており、「秘境駅風」な駅。



中根→那珂湊


NEC_0036.jpg
那珂湊駅。ひたちなか海浜鉄道の要となる駅で、車両基地もここにある。
この駅のみ古い駅名標が残っていました。


NEC_0035.jpg

NEC_0029.jpg

NEC_0030.jpg

NEC_0028.jpg


NEC_0032.jpg
三木鉄道の車両が走っています。


NEC_0033.jpg
昼食は基地の車両内で


NEC_0037.jpg
砂絵の作成。最終的に完成まで持って行きました。


NEC_0048.jpg
義援金の贈呈式が行われました。


那珂湊→阿字ヶ浦→勝田→那珂湊


NEC_0059.jpg
阿字ヶ浦駅

NEC_0060.jpg
駅からほど近い場所に海岸があります。


NEC_0069.jpg
終点・阿字ヶ浦から起点・勝田を経て那珂湊まで車両を増結し、団体専用扱で運行。


NEC_0068.jpg
再び勝田駅。常磐線ホームの片隅にひっそりとホームがあります。


NEC_0070.jpg
那珂湊駅まで戻りました。砂絵の完成品。


この時点で時刻は17:30。ここからバスで東京駅19:30着、現地解散でツアーは終了となりました。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
過去ログ

FC2カウンター
トラックバック
カテゴリ
リンク
プロフィール

くにお

Author:くにお
駅名標を撮っています。

他の媒体にて当ブログをご紹介頂くにあたり、このブログ内のすべての写真(と僅かな文章)をどのような形でご使用頂いても構いません。また、私への連絡も一切不要です。

ご意見はこちらへお願いします。
mikkumikkuni@gmail.com

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。